ハーフストップ法

このハーフストップ法は、方法と言うよりも賭けをいつ止めるかを予め決めておく意志
と言った方が良いでしょう。つまり、勝ちを確実に手元に残すために、予め元金を決め
利益が最大時の半分になった時点で賭けを止めるという方法です。

例えば、元金を$100としてプレーをスタートします。その後、順調に勝っていったとし
て、$300、$400でも止めずプレーを続行します。(通常は、適当なところで止めるの
でしょうが、ハーフストップ法は、予め止める時をより具体的に決めておく方法です。)
$600までいった時点でその後負け始めて利益が減り、残高が$350になった場合、つまり、
利益が最大時($500)の半分($250)になった時点で止めます。そうすることにより、最大
時の利益の半分は、必ず確保できます。

なお、最初から負け続きで$100が$50になってしまった場合は、そこで止めたほうが良い
でしょう。このようなケースも想定しておいた方が良いでしょう。これは、方法というよ
りも個人の意志の問題ですね。(株式の損切りと同じです。)

これは何もハーフでなくても、1/3や1/4でもいいんです。各プレーヤーの意志の強さや、
その時のツキに応じて変えていってもいいでしょう。

当サイト紹介オンラインカジノはこちら

 

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア